So-net無料ブログ作成

キリストの生写真

 明けましておめでとう…もとうに過ぎ、前回の記事から半年が過ぎようとしていますああ恐ろしいw。

こんにちは。御無沙汰しております。みらです。相変わらずふくろうさんもといミミズクさんが大好きですww。

 ちょっと字体を変えたりしてみたいのですが、上手く行きますでしょうか・・・この辺はアメーバさんのが解り易いですね。しょっちゅう書いていた記事やメッセージが消えたりしてますが[むかっ(怒り)]

最近なんでも説明や手引きといったものが無くて、色々手探りです。字体を大きく・・・出来ないかな?

ま、いいや。ては今回の本題です。

私の母には妹が三人おりまして、以前ブログに登場したテレーズおばさんの他に
レイチェルおばさんとジュディーおばさんというのがおりました。
した・・・というのは、そのうちのジュディーおばさんが昨年末
あの世に飛び去ってしまったので過去形です。

そのジュディーおばさん。面白くていつも周囲に笑いが絶えないような人で
気が強くて太っ腹で面倒見が良く、私も大好きな叔母でした。

信仰心が厚く、歳行ってから結婚したものの、
それまでは教会に住み込んで牧師や信者さんの世話をしたり
病院で患者さんをサポートしたりしていました。

実はジュディーおばさんはもう随分昔、体調を崩してしまった時
短い間ではありましたが、ウチに身を寄せていたことがあります。
その当時、私は高校生。

ある日、私は偶然タンスの中のおばさんの
不思議な持ち物を発見してしまいました。
それは・・・

イエスキリストの生写真ww。
キリスト三位一体.jpg

これじゃないですよww。

母のタンスの中にしまってあったのです。私がその時何を探していたのかは記憶にないのですが
セピア色の横長の写真を初めて観た時の驚きは忘れません。

え?キリストの生写真?聖画でなくて?映画のワンシーンとかでなくて?

はい、そうなんです。生写真なんですw。
そしてその写真は、未だ多くの謎を遺して今や闇の中なのです。

私がそれを発見した時、初め何だか解りませんでした。
しかし、しばらく観ていると、それがよく知っているイエスキリストであることに気づきました。
ちゃんと両手を三位一体の形にしていました。
驚いた私は母を呼び、これは一体何なのか、と問い詰めました。

母の話では教会の信者さんが
ある時教会の庭に咲いている薔薇があまりに綺麗だったので
持っていたカメラで撮影し、現像してみたらこれが写っていたとのこと。

撮影した信者さんは大変驚いて、牧師を初め、他の多くの信者さんに
その写真を焼き増しし、無償で配ったのだそうです。
ジュディーおばさんは、その時他のみんなと一緒に入手したようでした。

しかし、そのキリストの姿は
もちろんはっきりとしているわけではありませんでした。
まるで形が不ぞろいのドットで作った絵ような
昔のNASAが撮影した惑星の地表の画像を思わせるような

白と黒の濃い陰影で構成されたキリスト像でした。

しかし、それはやけにリアルで説得力があり
後にニセモノと証言された、有名な『少女と妖精』の写真の様なリアリティーではなく
かといって、偶然何かがそう見える…といったようなあいまいさでもなく
ただ静かに”奇蹟が写った”という印象の画像だったのです。

それからしばらくして、ジュディーおばさんは
広島の教会に呼ばれて我が家から引っ越して行きました。

そしてその半年後、私を個人的な衝撃が襲いました。

たまたま高校の教室で、英語の教科書をぱらぱらとめくっていたら
これから先に習うであろうレッスンのあるページに
ゆらゆらと揺れる何かのような、ピントが大幅にずれた何かを写したような
おかしな画像が載っていました。

なんだこれは…と目を凝らして次の瞬間、私は叫んでしまいましたw。

どうしてあの写真がここに写っている!?!?!?

そうそれは、あのキリストの写真。あの画像のキリストの
胸から上をアップにして切り取ったものでした。

添えられていた英文には
”これはある登山家が、遠くに観える山々を撮影したものだという。
しかし、そこには不思議なものが写っており
ある人は氷山であると言い、またある人はキリストが写っている
と主張している”

というようなことが書いてありました。

いずれにせよ、不思議な写真だと。

私は大いに混乱して、周りのみんなに
これは私の教会の信者さんが写したもので
私は現物を見ている!と主張し
周りをドン引きさせてしまいました(笑)。

結局、教科書に掲載されていた画像が
何だったのかはわからずじまい。
そのまま時は過ぎ
私もすっかり忘れ去っておりました。

先日、ジュディーおばさんが逝去し、姉と思い出話をしていて
ふいに、そのキリストの生写真を思い出しました。
おばさんの遺品の中にあるだろうか?
それともとっくに何処かへ行ってしまっただろうか?

今回、この記事を書くにあたり
教科書にまで載ったのだから、何処かに画像があるだろうと
キリスト 写真 画像
キリスト にみえる などのキーワードで探してみましたが

あの画像はありませんでした。

おそらく、もう目にすることはないのではないかしら?
これまでの経験から
こんな風に謎を遺したモノは
何故か忽然と姿を消してしまう。最悪、誰も覚えていなかったりする。

けど、今度母に聞いてみようと思う。もしもあの不思議な写真が見つかったら
このブログに上げてみたいと思います(^^)。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。