So-net無料ブログ作成

はるさんライヴ in 恵比寿

 ♪~(ジャララ~ン)誰も知らない 素顔の 八 代 亜 紀・・・(by-嘉門達夫w)

 この替え歌メドレーが流行ったのってもう20年以上も前なんですよねw。いや~、時の経つのって理不尽に速いわ~~~!
 これが流行ってた頃、この歌を母親の前で歌ったら母親に”そうよね、ああいう人の素顔って、誰も知らないわよね?”って妙な感心をされましたww。

 さて、私はこの間の9月26日に、はるさんというミュージシャンの方のライヴに行って来ました。会場は恵比寿の天窓ってとこ。ライヴハウスとしてはなかなかの広さで、座席が充実してました。なんと、2階席まであったんですよ。
 実は恵比寿駅に降りたのは初めてで、あの有名なガーデンプレイスも初めて観たんですか、夕暮れ時に着いたせいかめちゃめちゃムーディーで、まるでクリスマスの街並みみたいでした。ちょっと大人なディズニーランドって感じw。
 ライヴハウスはそのムーディーな通りを過ぎた辺りにありました。かなり早く着いてしまったので、ライヴハウスの外で一時間以上待つことに。その間、スタッフの方が配って下さったアンケート用紙や次回のライヴ情報を見ていましたが、そこに混ざって”はるさんへの相談用紙”というのがあり、そこに聞きたいことが有る人は書き込んで提出して下さい、とありました。
 実ははるさんはミュージシャンである前に沖縄の”ユタ”として活躍してらっしゃる方です。ユタとは沖縄の伝統的な霊媒師です。最近はメジャーになりましたが、少し前までははるさんがユタだと名乗ると”え?アメリカの州ですか?”なんて聞き返されたそうですw。

 はるさんは既に数十万人以上の人々を鑑定しているそうです。その中には芸能人や会社経営者の方も沢山いらっしゃるそうですが、私もその数十万人のうちの一人で、この間はるさんの所へ行った時(とある某氏に不用意に傷つけられたため、ヒーリングしてもらいに行った)はるさんには私が音楽をやっていることがちゃんと観えていて、ライヴにおいでと誘って下さったのでありました。
 はるさんの相談用紙への書き込みをどうしようか…とちょっと悩みましたが、しばらくして大分ふざけた心境になったワタスは、あることを書き込み提出。さあ、読んでもらえるんですかねぇ…(笑)。

 ライヴ会場は満員御礼でしたw。でも私は一番前の席をぶんどりますた!何処へ行ってもそうなのですが、私は席はなるべく前の方を取ります。真ん前とか、よくありますw。
 時間が来て、はるさん登場w。開口一番”なんか美味しそうな匂いしない?うん。なんか美味しそうな匂いするww。なんだろうね。美味しそうな匂いしてる”とかなりフリーダムww。そしてギターを接続すると、一曲目スタート!
 実は私この日まで、はるさんの歌をちゃんと聴いたことがありませんでした。なので、何の歌をやっているのか全然わかりません。でも一曲目の音楽は、南極の海から連れて来られ、故郷を知らずに狭い水族館で生涯を過ごしていくキングペンギンの歌、「皇帝ペンギン」だったと憶測されましたww。
 そして2曲目が終わったところでバンドのメンバー二人がはるさんと共にステージの片隅に設置してあったテーブルに急いで移動w。そしてそれらしいBGMが流れてラジオ番組風に”はるさんの相談コーナー”がスタート!実ははるさん、ラジオ番組も持ってらっしゃいます。
 今回のライヴツアーはひとつひとつテーマがあって、今回のテーマは”剣”。つまり、経済についてはるさんはご自分の知識を皆さんに伝授されました。
 かなり真面目な内容で、銀行のからくり(詐欺ともいうw)や景気の仕組みなど、簡単ですが本質を的確に説明して下さったと感じました。何故ライヴでこのようなお話をされたのかというと、はるさんはこれからの時代、いわゆる経済(景気がいいとか悪いとか)に振り回されずに生きて行く方法を、全ての人が身に付けるべきと考えて、この様なお話をなさったようです。

 さて質問コーナーですが、皆さん結構真面目な相談をしてらっしゃいます(-ω-;)。実際にラジオでパーソナリティーをしてらっしゃるショウコさんという方(パーカッション担当)が相談内容を読み上げて下さいます。はるさんは、それにひとつひとつ丁寧に答えて行きます。

 ライヴ全体の流れとしては、数曲演奏して、相談コーナーへ、を繰り返す形で進行していました。楽曲の合間合間にはるさんの大変フリーダムなトークが入り、その時の気まぐれで演目が変わったりしました。突然メンバーがそれぞれの担当を変わって他人の曲を演奏したりとか(ギターのおじさんがベースに変わり、ベースの子がヴォーカル&ギターに。ドラムの彼がギターを弾いて、はるさんがドラムを叩くなどw)。観ていてとても楽しいライヴでした。

 そして、最後の相談コーナー。ショウコさんが質問内容を読み上げます。

”はるさん、こんにちは。私はこれまで何度かはるさんに観て頂いているのですが、そのたびに質問し忘れてしまっていることがあります。
 実は数年前からダイエットを続けているのですが、どうしても

「腹」

 だけが痩せません!何か問題があるのでしょうか?”

…。
…。

 そうです。これワタスの質問です。この”腹”を強調して書いてたんですがね、実際に読み上げられっちゃったら普通の質問になってしまっていました・・・w。

 さて、質問に対しはるさんはこんなことをおっしゃいました。

「あのね、女性の場合下腹は出るものなの。男性は胃の周辺が出るんだけど、女性の場合は下腹(あのぉ、ワタス胃から既に出っ張ってるんですけど・・・?も~し、も~し?)に子宮があるから、どうしても出て来るの!十代の頃とか、お腹が小さいでしょ?あれは子宮がまだ未発達で、育っていないからなの。」

 はるさんは鑑定で女性の内臓の状態を透視することもよくあるそうで、異性問題を抱えていたりすると、その影響が婦人科系の病気として表れることもあるのだそうです。そしてその子宮があるために女性のおなかが成人と共にでてくるのは当たり前のことだとおっしゃいました(-ω-;)。そして、未発達の少女達の体型を有難がる日本人は、ちょっと変態!と一言ww。

「日本人だけだよ!こんなに体型に細かく注文つけるの。だからね、いいの!おなかが出てても!(笑」

 はるさんは更に一見懐妊しなければ何の意味もないように見える子宮の、重要な役割を話してくれました。
女性の身体は日常生活で体内に侵入した毒素を子宮に溜めておき、生理の時経血と共に排出するように出来ているそうです。対して男性は毒素の行く場所が無いため、全て肝臓に溜まってしまう。女性が男性よりも長生きなのは、この辺に理由があるのではないかと話して下さいました。

「もうね、出てて普通。子供なんか産んだ日にゃ余計出るようになるからね!一回ご飯食べたらすぐ四か月だから!(爆笑)」

 はるさ~ん?それ奥様のこと?(笑)ひでぇ!wwwwww。

さて、そんなこんなでライヴも終わりに近づき、ついに最後の一曲になりました。タイトルは「マイフレンド」。

 子供の頃病弱で、ずっと養生していたはる少年には友達がいませんでした。けれど、ある日とうとう友達が出来、はるさんはその友達から色々なことを教わったのだそうです。この歌はその大事な友人のことを歌ったもの。
 
 しかし、そこにはオチがありました。はるさんの人生初めての友達、それはまごうことなき幽霊だったのですww。

 あ~、でもよくあることじゃん?ワタスにも似たような経験ありますもん。以前携帯ブログの方で書いたやつw。リカちゃん電話。感性の鋭い子供は、あちらの世界とこちらの世界を行ったり来たりしているので、時々びっくりするような出来事に遭遇する。うん、よくあること(本当か?w)。

 はるさんのしみじみとした歌でライヴは無事に終了。お疲れ様でした~!いや楽しかったww。ライヴの途中で突然”トイレ行ってくる”って他のメンバーにトークをまかせて出てっちゃったりして、はるさんフリーダム過ぎwww。でも楽しかったし、面白かった。私のライヴの参考にもなりそう。
 要するに、恰好つけようとしなけりゃいいのねw。肩の力抜いて。今度そうしようww。

 という訳で、沖縄のユタでもあるミュージシャンはるさんのライヴレポートでした~(笑)。

 ところで、私が体験した”リカちゃん電話”。ご興味のある方はこちらを読んで下さいな^^;

http://mblg.tv/mislandiaomega7/archive/2010-09/?p=3 「私の都市伝説」

最後に。今日10月2日はワタスの誕生日~!そして某筋から地震が予言されてたぁ~!今あった~~~!(笑)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。